株を始める場合、まずは買い方が分からなければ始めることもできません。投資を始めるうえで知っておくべき情報も含めて初心者にもわかりやすく株について説明していきたいと思います。

株の買い方を丁寧にご紹介!

初心者はミニ株を始めてみよう!

株はその売買や配当によって利益を出すことを目的とした資産運用の方法です。
初めて行う方は株を1つ買って1つ売るようなイメージを持っているかもしれませんが、一般的な株式の買い方は何十、何百といった数を一気に買う仕組みとなっています。
そのため、安価な株であっても初期投資が高くなりやすく、初心者へのハードルを上げてしまっている原因ともなっています。
単元株が100であれば最低でも価格の100倍のお金が必要となっています。

そこでお勧めなのがミニ株です。
ミニ株とは単元未満株とも呼ばれ、その名前からも分かるように定めた単元よりも小さな状態で購入することができます。
価格が100円であれば100円に手数料を加えるだけで始めることが可能です。
非常に注目の集まっている資産運用の手段と言えます。

ミニ株と近い特徴を持つ投資の方法としてるいとうもあります。
るいとうとは株式累積投資のことです。
月々1000円から始められる積み立て投資です。
時間的な分散投資が可能となるため、長期投資に適しています。
こちらも単位に左右されずに購入できるというメリットがあります。

単元未満株を購入したり、るいとうを行ったりするにはそれに対応した証券会社を利用する必要があります。
どこでも対応しているわけではないので注意しておきましょう。
証券会社に口座を開設するところがスタート地点です。
証券会社を選ぶ場合はどんな仕組みに対応しているのか詳しくチェックおくことが大切です。

ミニ株にしても、るいとうにしてもリスクの低い投資ではありますが、リスクが皆無ではないことも念頭に置いておきましょう。
ただし、失敗してしまった場合でもその損失は限定的な範囲に収めることができます。
そのため、単元未満株を始めとする投資は初心者にとってありがたい存在となっています。
資産運用だけでなく、主婦や学生の趣味や小銭稼ぎとしても親しまれており、その利用者は昨今増加傾向にあります。

ミニ株を始める前に注意すること

ミニ株を購入することは株式投資のスタートとして非常に有効です。
しかし、気をつけておきたいポイントもいくつかあります。
例えば株式優待の問題です。
一般的には保有数に応じて優待が受けられますが、単元未満株の場合は必ずしもそうではありません。
優待は1単元に達することで受けられるようになります。
つまり、単元未満株だけをいくつか購入し、1単元に及ばない場合は優待が受けられません。

優待の面では単元未満株は不利と思われるかもしれませんが、少しずつ購入して1単元まで達すれば、優待を受けることができます。
徐々に購入量が増えていくことで1単元に到達することも珍しくありません。
優待を主として受けたい場合は違う手段を選択すると良いでしょう。

ミニ株を購入することによる配当については、保有株数に応じてもらうことができます。
そのため、こちらは一般的な購入方法の時とそれほど差はありません。
単元未満株を主として購入する際には保有数が必然的に少なくなりやすいので、大きな配当は期待できませんがしっかりともらうことが出来ます。
こちらも購入数が増えていくに従って増えていきます。

るいとうでも優待や配当について大きな差はありません。
ただ、月々の額が小さく設定されているため、1単元に達するまでには時間がかかります。
るいとうでは優待や配当に期待するのではなく、売買で利益を出していくものと認識しておきましょう。
大きく利益を出すことが難しい一方で、大きな損をすることも少ないのがメリットです。

購入手段には他にもあるので証券会社のホームページなどをチェックし、自分にあった手段が用意されているところを選択することをお勧めします。
最初が上手くいけば後は簡単です。

株の買い方について