株を始める場合、まずは買い方が分からなければ始めることもできません。投資を始めるうえで知っておくべき情報も含めて初心者にもわかりやすく株について説明していきたいと思います。

株の買い方を丁寧にご紹介!

子供も喜ぶ!おすすめの株主優待

喜ぶ子供

株式投資では、株の値上がりによって利益を得るキャピタルゲインと、配当収入によりインカムゲインによって利益を得るものであると一般的に考えられています。
確かに、株をやっている人は、株価の上昇または会社が儲かっているから高配当を出すことで利益を得ています。
投資家というものは、株価や会社の業績を細かくチェックして売買を行っている人のことを指しています。

しかし、最近では別の見方によって株に関わることに注目が集まっています。
それは、株主優待です。
株主優待とは、基準日現在に株主であれば、投資先の会社から何らかの粗品をもらえるというものです。
粗品は、会社にとって様々で、その会社に関わるもの、例えば商品であるとかカレンダー等があります。
また、商品券や割引券などもあり、多種多様な株主優待があります。

株主優待を目当てに投資を行う場合、気軽に株式を購入することができます。
そういった場合には、基本的に株価にこだわる必要はなく、たとえ株価が大幅に下がろうとも、ただ放置しておけばいいのです。
売買を目的に投資を行っていれば、株価は常に評価対象となります。
株価が下がってしまえば、単に損失となるだけですから。
つまり、売買目的の投資家は、株価によって一喜一憂し、経済情勢や世界の動きにずっと神経を尖らせ、不安になりながら株を持つことになってしまうのです。

ただし、株主優待を目的としていても、会社の業績には注意するべきでしょう。
株価は会社の業績とは無関係にランダムに変動する場合もありますので、なかなか株価を予想することは難しいです。
だから、株で自分だけ儲けるというのは至難の業なのです。
ですが、会社の業績が悪ければ、配当は出ないので、株価が下がった分を配当で賄うことができません。
この場合には、株価の値下がりを全く気にしないわけにはいかないのです。
また、あまりにも業績がひどいと、上場廃止ということにもなりかねませんので、投資先の会社の業績は注意してみる必要があります。

食べ物関連の株主優待はこれ!

株主優待を目的に投資を行う場合、会社の業績が重要であることは当然です。
業績さえ良ければ、たとえ株価が暴落しようとも、配当を何年も受け取っていれば、それで損失を賄うことができます。
また、倒産しないことも重要です。
倒産してしまえば、上場廃止と同様、現在持っている株はただのゴミとなってしまい、投資額ほぼ全額が損失となってしまいます。

では、どのような会社を選べばいいのでしょうか。
株主優待をもらえるなら、家族で喜べるものがいいでしょう。
特に子供に喜んでもらえたら尚更いいでしょう。
そこで、子供が喜ぶような食品関係の株主優待がもらえる会社を数社紹介していきます。

まず紹介するのは、日清食品ホールディングスです。
こちらは言わずもがな、カップヌードルでとても有名な会社です。
会社の業績もよく、超大手企業で株主優待目的で投資をするにはもってこいの会社です。
株主優待を受ける条件は、3月末日または9月末日に株主であることです。
つまり、年2回株主優待を受けることができるので大変お得です。
もらえる商品は、製品詰め合わせセットとオリジナルグッズです。
カップヌードルは子供皆が好きな商品なので喜んでくれるでしょう。
ただ、100株購入する必要があるのですが、現在株価が高額なため、最低投資金額でも72万円となっています。

次に紹介するのは、すかいらーく株式会社です。
こちらも有名な会社で、ご存知の通りファミリーレストランのすかいらーくです。
子供連れであれば、ファミリーレストランによく行くでしょうが、株主優待により最低3千円の食事券をもらうことができます。
基準日は6月末と12月末で、こちらも年2回の優待を受けることができます。
さらに、日清より株価が安く、最低投資額は20万円をきっています。
子供と一緒に食事を楽しんではいかがでしょうか。

株の買い方について