株を始める場合、まずは買い方が分からなければ始めることもできません。投資を始めるうえで知っておくべき情報も含めて初心者にもわかりやすく株について説明していきたいと思います。

株の買い方を丁寧にご紹介!

株の現物取引と信用取引は違いは何?

取引イメージ

通常、株式取引で利益を得るには、価格が低いところで購入し、価格が上昇したタイミングでその銘柄を売却します。
売却時と購入時の価格の差が値上がり益という形で利益となります。

この株式取引には、現物取引と信用取引の2種類があります。
現物取引は、ごく一般的な株式取引のことです。
具体的には、現物取引で購入すれば現物株を保有することになり、また、その保有している株を売却すればそのままお金に換金することになります。

一方、信用取引は、現物取引とはかなり毛色が違います。
信用取引とは、一定の証拠金を差し入れ、その証拠金を元に売買を行う取引のことです。
差し入れた証拠金以上の額の取引を行うことができる点が1つの特徴です。
具体的には、証拠金の約3倍の額の取引が可能です。

つまり、信用取引では、少額の証拠金差し入れで、大きな額の取引を行うことができるため、短期的に大きな利益を得ることができます。
もちろん、相場が想定したのとは反対方向に動けば、逆に大きな損失を抱えることになる点には注意が必要です。

また、証拠金としては、現金の他、現在保有している現物株式を当てることができます。
そのため、現在、手持ち資金が少ないために現物取引では株式を購入できない状況下でも、信用取引を利用すれば、保有銘柄を利用して購入することができるようになります。

もう1つ、信用取引の特徴は、空売りと呼ばれる取引が可能な点です。
空売りとは、他から取引対象の銘柄の株式を借りた上で、売りから入る取引のことで、現物を持っていない売りであるために空売りと呼ばれます。

空売りが効果的なのは、下落傾向にある銘柄を取引する場合です。
空売りでは高く売って安く買い戻すのが基本です。
下降トレンドにある銘柄に対して空売りを掛ければ、どんどん下がっていきますので、比較的容易に利益を上げることができます。
ただし、突如急激に上昇した場合には大きな損失を抱え込むリスクがあるため、空売りを掛ける際には、同時にロスカットの注文を入れておくことが望ましいです。

株によって現物取引と信用取引を使い分けした方が良い

信用取引でも、信用買いを行えば株を保有することができますので、空売りが行える点を除けば、現物取引との違いはそれほど大きくないように感じられます。
ただし、同じ銘柄を現物取引で購入するのと信用買いで購入するのとでは、決定的な差があります。

信用取引では証拠金以上の額を取引できると説明しましたが、より詳しくは、証拠金を担保に、証拠金よりも大きな金額のお金を証券会社から借り受けているということになります。
お金を借りているわけですから、その借り入れ額には金利がかかり、毎日利息を支払う必要があります。
つまり、信用買いで購入した場合には、お金を調達するための金利コストがかかってしまうのです。

支払い利息は、信用買いで保有している額に比例して大きくなります。
また、信用買いの銘柄を長い間保有し続けていると、どんどん利息額が積もっていきます。
信用買いで保有している株式の額にもよりますが、数ヶ月間保有していると、累積の支払い利息だけで数万円もの額となってしまいます。

そこで、長期的に保有するつもりの銘柄については、利息支払いのない現物取引で購入するのがよいでしょう。
一方、信用取引は株価が急落した場合など、短期的なリバウンドが期待できる場合には有効ですが、長期的に保有するには適していません。
あくまでも短期決戦で臨む場合に利用すると割り切った方がよいでしょう。

ただし、信用買いで購入した場合でも、その購入額と同等の資金を後日準備できるなら、現引きを行って現物保有に切り換えることができます。
従って、当面は手持ち資金が少ないが、後日新たな資金を投入できる予定があるなら、株価が低いタイミングで信用買いを行い、その後現引きした上で、長期保有するという方法もあります。

株の買い方について